損をしない不動産投資の方法│知識をつけながら収益物件を探す

集合住宅

マンション経営を検討する

マンション

不動産投資としてマンション経営する上で最大のメリットとされるのは、なんといっても長期的な収入が期待できるということです。マンション経営やどの賃貸経営は、将来性のある収益物件を購入して、大家として健全に経営をしていくことができれば毎月安定した家賃収入を長期に渡って得ていくことができます。超低金利とも言われ、銀行に預けていても貯蓄が増えない現在の日本では、こうしたマンションなどを私的年金として購入して、老後の生活資金の確保を行おうとしている方も少なくはありません。また、不動産は生命保険の代わりにもなることができます。不動産はもしもの時も家族に資産として残る大切なものです。また、住宅ローンなどを契約する際に保険に加入しておくことで、万が一住宅ローンの契約者が死亡してしまった場合には、住宅ローンが保険で支払われるようになっています。そのため、もしものときも家族にローンを残してしまうといった可能性を減らすことができます。残された遺族は賃貸を契約することで家賃収入が得られますし、また物件を売却した場合にはその資金を取得することができます。不動産ですので経済状況における貨幣価値の変動に強いといった点もあり、将来の安心を考えてマンション経営を選択する方も多くいます。しかしながら売却の際にはすぐに売却できるとは限らないため、すぐに現金化できないといったデメリットはやはりあります。また、マンション経営において建物の経年劣化は避けることができないため、将来的に入居者を確保していけるような対策なども必要になります。デメリットも理解した上で検討するようにしましょう。